<< 2019s/s:needles | main | 2019s/s:jujudhau >>
2019.03.18 Monday

2019s/s:another 20th century

 

 

 

 

・ANOTHER 20th CENTURY / KINSALE YACHT MASTER / 2,3 / WASH BLACK / ¥25,000+tax

・ANOTHER 20th CENTURY / MILITARY REMAKE CARRY / OLIVE / ¥19,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ANOTHER 20th CENTURY / KINSALE YACHT MASTER / 2,3 / WASH BLACK / ¥25,000+tax

・ENGINEERED GARMENTS / SUNSET SHORT-COTTON JAVA CLOTH / XS,S,M / NAVY / ¥29,000+tax

・ASAHI / DECK / 25,25.5,26,26.5,27(MEN) / WHITE×GREY / ¥10,000+tax

・ANOTHER 20th CENTURY / MILITARY REMAKE CARRY / OLIVE / ¥19,000+tax

・MODEL.178cm/63kg.TOPS/3.PANTS/S

 

 

 

-60年代、アイルランドのキンセールという小さな港町。美しいヨットハーバーと歴史遺産のある風景があれば、観光客を迎えるに十分なものでした。更なる盛り上がりを図るため港の男達は小さなヨットレースを立ち上げます。70年代になると世界から船乗りたちが集うイベントとして大会は盛り上がりをみせます。この頃、キンセールの船乗りたちが着ていたジャケットがデッキパーカと呼ばれるものの原型でした。昔から船乗りたちのデッキパーカは港町の婦人によって一点一点手作りされていましたが、その後世界のヨットシーンや大会ジャケットとして定着し、各地で量産されるようになりました-

 

 

そんな架空のストーリーを描いて製作した『ANOTHER 20th CENTURY』のデッキパーカがデリバリーされました。まだ、このデッキパーカが出来上がる前、デザイナーがふらりとナイアガラハウスを訪れた際に着ており、そのリアルな風合いに「どこの古着ですか?」と聞いてしまった程、素晴らしい雰囲気です。

 

聴くところによると某老舗米ブランドの海外輸出用に制作されたワークツイル生地でグルカショーツの生地組織を再現したとか。しっかりとした肉感のある生地を黒に染め上げてから風合いを出す為に特殊な洗い加工を施したそうです。ANOTHER 20th CENTURY得意のスミクロは溜息が出るほど格好良く、今後の経年変化も楽しめる色合いです。身幅が広く、着丈が短いシルエットはショーツを合わせた時のシルエットを考慮してサイズ感を出しました。ドローコードを絞って立体的なシルエット楽しんで頂くのもお薦めですよ。

 

そして、以前にもご紹介した事のある“MILITARY REMAKE CARRY”は世界各地の米軍から不要になった軍用品を集め、一度解体してトートバッグに作り直しており、ステンシルの入った部分や補正された部分、汚れや擦れた部分など歴史を感じるアイテムです。ハンドルは短めでマチ部分には補強の為のリベットが打ち付けられており、見た目にも特徴的なコントラストを出しています。内側にも外側にも仕切りやポケットはなく、機能もシンプルなトートバッグです。男らしく担いだり、どさっと地面に置いたり。そんな使い方をして下さい。格好良いですよ。

 

 

 

NIAGARA HOUSE

                                                   

〒463-0095 愛知県名古屋市守山区高島町203-1安藤ビル1F

tel&fax:052-880-7953 e-mail:info@niagara-house.com

open:11:00-19:00

close:thursday  

Entry
Archives
Categories
Search this site.