<< 2019f/w:jujudhau | main | 2019f/w:andersen-andersen >>
2019.12.17 Tuesday

2019f/w:tuki

 

 

 

 

・TUKI-原田服飾研究所 / TYPE 3-INDIGO DENIM / 00,0,1 / INDIGO / ¥24,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・EVAM EVA / GRAFT SHOULDER PULLOVER / M / MOCHA / ¥22,000+tax

・TUKI-原田服飾研究所 / TYPE 3-INDIGO DENIM / 00,0,1 / INDIGO / ¥24,000+tax

・SASHIKI / CASHMERE KNIT BERET / GREY / ¥12,000+tax

・LOOMER / YAK CHECK STOLE(BIG) / BROWN / ¥25,000+tax

・PARABOOT / MICHAEL VISON-♀ / 3,3h,4 / MARRON / ¥80,000+tax

・MODEL:165cm.51kg.

 

 

 

“Gパン”の印象を覆すアバンギャルドな『TUKI-原田服飾研究所』のTYPE3 DENIM。

 

何だか、ちょっと不恰好で面倒くさいパンツだなと思っていたのも束の間、今ではワードローブに無くてはならない存在で、太目のシルエットは独創的で妙な色気を感じます。そして“ダックテイル”と呼ぶアヒルのお尻のようなヒップラインも堪りません。わたりから裾までは緩やかなストレートラインですが、履く人の体型や履いた時の角度によって違ったシルエットが楽しめる摩訶不思議なパンツなんです。

 

革新織機を使用して織り上げた14ozのデニム生地はタテ糸を少しベージュに下染めしている為にナチュラルなユーズド感が楽しめます。オールドデニムやレプリカとはまた違う色合いでして、以前のBLOGでは僕自身がかなりの頻度で二年半ほど履いた私物のTYPE 3 DENIMをご紹介しておりますので是非ご覧下さいませ。

 

TUKIの取り扱いを始めてから約4年が経ちましたが、TYPE3 DENIMをご購入頂いたお客様が履いてご来店頂き「コレばっかり履いてます!」と嬉しいお言葉をよく頂きます。そして、気がつけば店頭からなくなってしまっているほどの人気者なんです。個人的には『あの方やあの方にも履いて欲しいな』と、まだチャレンジされていない馴染みのお客様のお顔を思い浮かべたりもしています。不思議とワードローブにもしっくりとくる中毒性のあるパンツなんです。『それほど言うなら一本買ってみようかな』という方をお待ちしております!

 

 

 

・INFORMATION----->12/5(thu)〜12/25(wed)までの期間中、“送料無料&ギフトラッピングサービス”を行なっております。詳しくはコチラをご覧下さいませ。

 

 

 

NIAGARA HOUSE

                                                   

〒463-0095 愛知県名古屋市守山区高島町203-1安藤ビル1F

tel&fax:052-880-7953 e-mail:info@niagara-house.com

open:11:00-19:00

close:thursday  

Entry
Archives
Categories
Search this site.